其の二十四 滋賀県愛知川水系茶屋川支流にて

0
    JUGEMテーマ:日記・一般

    先程、今年度、最後の日記を書き終えた所で、更新失敗して、全て消えてしまいましたので、日記を書き直している所です。

    此れ書くのも気分的に結構、大変と感じる日と無い日があるのですが、今日はどちらかと云うと、気分的に乗らない日です。笑

    今日は今年度、最後の渓流釣りと云う事で、天候の方も素晴らしく晴れて、締めくくるに相応しい釣り日和となりました。

     

    場所は、姉川、御池川等、候補は色々と有りましたけど、ガソリン代の節約などを考慮したら、やはり無難な、茶屋川がいいかな・・・・

    その支流も幾数も御座いますが、今年、早春に入った支流を最後に攻めて見たいと向かいました。



    今日は餌を、購入してませんので、毛鉤一本で・・・

    釣れるかどうかは分かりませんが、春先の水温の低い流れよりは、食欲旺盛な秋の流れなので、ひょっとしたら、餌釣りよりも釣果が出るかも知れないと期待して・・・



    この様な細々とした源渓流でも、奥深いのが此処の支流の特徴。



    今年、新たに購入して、使い始めたグローブも気が付けば、破れてボロが来て・・・

    一匹目はアマゴが喰いついてくれました。

    此れで何とか、最後の釣りでも渓流魚と御対面出来て、ほっとしています。

    後は、岩魚が出るかどうかです。



    上流へと登れば、素晴らしい滝へと辿り付けます。

    此処まで、此の上は攻める人は少ないと思いますけど、此の滝では、岩魚が出ます。

    今日は、毛鉤に喰いついてくれませんでしたが、餌なら釣れたかも知れませんね。



    本当に久しぶりに来ました。



    今春、鹿の屍が沈んでいた滝です。

    下流の方で、その鹿髑髏が沈んでいました。

    帰りに状態を見て、持って帰るか非かを決めます。

    初めての試み、此の滝の上を高巻く事を検討しますが、昨年だったか忘れましたが、高巻こうとして、大変危険な目に遭いまして、岩で手を切る痛い目に遭いましたので、慎重に場所を探します。



    登って、直ぐに良さ気なポイントが幾つか存在しましたが、直ぐに水の流れが無くなり、終了しました。



    行きは良い良い、帰りは危険・・・・

    何時も危険ですが、此の谷は急勾配な谷なので本当に危険です。

    山葵は、見納めですね。



    赤出汁に入れたら、旨いナメコの群生です。

    恐らく・・・・^^;

    間違ってたら危険ですので、キノコですから、今日も御遠慮です。



    気持ち悪いけど・・・^^;

    角が素晴らしいので、持って変える事にしました。



    秋の夕暮れと写真に収める時間帯じゃ、有りませんでしたが、早いですが、今日の釣りは此処で終了します・・・・

    今日は、天気に恵まれて本当に良かったです。



    谷は例年よりも、肌寒さを感じましたが、ナメコの状態もそうですが、今年の秋の訪れは数週間は早い気がします。

    栗が一杯落ちていましたので、娘の為に持って帰ろうかと悩みましたけど、触ると痛くて・・・^^;

    でも、秋の風物詩として、初秋を感じさせる代物の一つですね。

    渓流釣りへ行く事に写真に植物を写していますと、季節感を本当に感じます。

    今年も、この様な感じで、渓流釣りを終了しますが、鹿髑髏を家に持って帰って、家の嫁に叱られるのが怖かったのですが、こっそり部屋で拝んでいますけども・・・

    気持ち悪いです 笑

    でも、此れを見て、反省として、自然界をテリトリーとしている野生動物でさえ、今日釣り上がった場所で死ぬ場所であると、鹿髑髏を見て、考え込んでしまいますが・・・

    年齢も去る事ながら、怪我や死にたくありませんので、鹿髑髏を拝んで反省しますけども、此の釣り上がる釣り、渓流釣りですが、歯止めが利かなくなるのが魔力ですので、慎重に考えて、来年度からは、釣りをしなくてはいけないなと思いました。

    今年は、昨年の30回は釣りを行けませんでしたが、前半戦勢いがあったのですけど、途中から止まってしまいましたね。

    でも、24回と頑張りました。

    健康には、絶対に良いので、来年も頑張りたいと思います。

    今年も有難う御座いました。







    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.15 Wednesday
      • -
      • -
      • -

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      天然物の一級品、桜鱒

      日本の上海蟹

      誠人の渓流釣り馬鹿外伝記

      link free

      風流な灯篭流し・・・

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 2018年度 其の一 滋賀県姉川源流にて
        誠人
      • 2018年度 其の一 滋賀県姉川源流にて
        Amon
      • 2018年度 其の一 滋賀県姉川源流にて
        九頭竜誠人
      • 2018年度 其の一 滋賀県姉川源流にて
        Amon
      • 2018年度 其の一 滋賀県姉川源流にて
        Amon
      • 其の二十八 滋賀県天野川支流、藤川にて
        誠人
      • 其の二十八 滋賀県天野川支流、藤川にて
        まーさん
      • 其の二十八 滋賀県天野川支流、藤川にて
        まーさん
      • 其の二十八 滋賀県天野川支流、藤川にて
        誠人
      • 其の二十八 滋賀県天野川支流、藤川にて
        まーさん

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      powered by JUGEM

      PR