スポンサーサイト

  • 2017.08.15 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    0

      其の十六 滋賀県愛知川支流御池川にて

      • 2011.07.09 Saturday
      • 19:57
      JUGEMテーマ:日記・一般

      2011070808280000.jpg


      昨日は、さすがに草臥れ果てて、日記更新も御没数に今日に至りました。

      午前08:00に家を出て、向かう先は前回と同じ、永源寺方面へ・・

      途中で、餌を忘れたの気が付いたので、上石津のサークルKで購入。

      上石津まで行ったので、岩魚も確実に釣れる奥伊吹へ向かった方が早いこともあったが、前回の御池川での釣りは昼からと消化不良状態。

      それに、一度、茶屋川にも入渓してみたいこともあり、引き返して鈴鹿越えへ・・・


      天気は事前に調べ、実際に晴れではあるが鈴鹿山脈は雨雲で覆われている・・・

      少々、心配はあるが、現地で雨が降るようなら中止。


      2011070809340000.jpg


      トンネル越えたら、滋賀県側は、御覧の青空。


      2011070809360001.jpg


      最初に茶屋川茨川林道へと車を進める・・・

      入った瞬間、闘争本能、冒険心が湧いてこないのか?

      気分がのらず、すぐさま引き返し御池川へ向かった。


      2011070810480000.jpg


      到着して、一投目で岩魚が釣れた。


      2011070810360000.jpg


      とても綺麗な日光岩魚。


      2011070811140000.jpg

      2011070811020000.jpg


      今回は下流堰堤まで釣り下がり、そして上流部を攻める予定。


      2011070811140001.jpg


      2011070811320000.jpg


      以前に黒き熊らしき物を見かけた付近の木々を調査・・・

      やはり、爪痕らしきのを所々で見かけます。

      この御池川沿いで熊に注意歓喜表示を見かけた事が無いので、必要かと思うのですが・・・


      2011070811370000.jpg


      写真左下はコゴミの葉が開ききっております。

      春先はコゴミ畑と化します。


      2011070811480000.jpg


      結局、チビアマゴを最後に下流攻めは終了。

      この堰堤も以前は大きな岩魚、アマゴが期待できましたが、今はアブラハヤに占領されて釣れません。


      2011070812020000.jpg


      もう一度、来た所を釣り上がり、さらに上流まで進みます。

      このポイントも以前にいいアマゴが出ました。


      2011070812030000.jpg

      2011070812130000.jpg


      杉の木は、所々熊剥ぎ対策がなされております。


      2011070813210000.jpg


      対策されていない所ではこんな被害も出ております。


      2011070814060000.jpg


      2011070814080000.jpg


      結局上流部でも、この1匹釣り上げたのみで終わりました。


      2011070815210000.jpg

      2011070815210001.jpg


      肉眼では熊の足跡とはっきりしていたのですが・・・

      分かり辛いですか・・・^^;

      ここから、竿をたたみ、引き返しました。


      2011070816260000.jpg


      鹿の角発見も頭がついておりますので・・・^^;

      本当に大自然の中にいるのを実感します。


      2011070817170001.jpg

      2011070817170000.jpg


      支流により1匹釣り上げ、この日の釣りは終了・・・

      やはり、この川は岩魚の個体数が減少しているものと・・・

      全て逃がしてあげました。

      車に乗り込んだのは17:50頃だったような・・・

      18:30過ぎに到着・・・

      石槫トンネルを通る事により、以前とは比べようもないくらい楽です。

      何れは近江から四日市、名古屋までの流通ルートになるのでしょうか?

      分かりませんが・・・



      結局、この日は7時間程度歩きっぱなしで、疲れ果て、繊維喪失で・・・


      今も少し残っております・・・






      羆嵐 (新潮文庫)

      新品価格
      ¥420から
      (2011/8/22 19:54時点)

      0

        スポンサーサイト

        • 2017.08.15 Tuesday
        • 19:57
        • 0
          • -
          • -
          • -
          • -
          0
            コメント
            コメントする








                
            この記事のトラックバックURL
            トラックバック

            PR

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << November 2017 >>

            天然物の一級品、桜鱒

            日本の上海蟹

            誠人の渓流釣り馬鹿外伝記

            link free

            風流な灯篭流し・・・

            ■灯篭流しブログパーツ

            (マウスドラッグで灯篭移動可)

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM